モンブラン・シトロエンGS。87

lr15101201
lr15101202
lr15101203
lr15101204
lr15101205
lr15101206
LYRA製(ギリシャ)・1/12・シトロエンGS・ノンストップ仕様・POLICEで、モンブランの型をコピーしたモデルです。
オリジナルには無い、フェンダーミラー・サイレン・サイドモールが追加されています。

lr15101207
lr15101210
lr15101208
lr15101209
サイレンはソフトビニール製で、キッチュな色と形をしています。このタイプのサイレンを装着したモデルは、レアです。
赤色回転灯はオリジナルの形で、金属枠が付いています。

lr15101214
リアのアンテナも、オリジナルは針金1本をコイル状に巻いた付け根を持ち、上部は針金1本が先に伸び、先端が円形に丸まった形状なのですが、LYRA社モデルでは、針金が太くなり、コイルの巻き方もきめ細かく丈夫で、アンテナ全体がコイル状に巻かれたタイプとなって柔軟性に富んでいます。アンテナ先端には、ゴム製オーナメントも付いています。

lr15101216
ドアハンドル・ドア下のアンダー・トリムが別部品なのですが、モンブラン社のコピー製品である為、鋳型の劣化もあるのでしょうが、型取りが甘くて各部品とのチリが合っていません。

lr15101212
ヘッドライト・バンパー・フロントグリルも型取りが甘く、シャープさに欠けます。

lr15101215
リアウインドウ後端の黒いガーニッシュ部分が、オリジナルはブリキ板のカシメ止めであるのに対し、LYRA版はステッカー貼付になっています。

lr15101211
リアライセンスプレートがオリジナルは「CITROEN GS」なのに対して、LYRA版は「G・S ダブルシェブロン 9・164」となっています。
バンパー上の、ライセンス灯の膨らみが、オリジナルモデルに比して、型が劣化しているのでしょうか、モールドが曖昧で、少ししか出っ張っていないのが微笑ましいです。

lr15101218
lr15101219
スイッチを入れると、下部の円形台車が回転し不規則な動きをします。ぶつかると向きを変えます。赤色灯が点灯し、パーポーパーポーと音声がします。
フリー走行モデルにも2種類あって、直進・右回り・左回り・ジグザグ走行の4種類が選べるバージョンと、簡素型駆動輪を持ち、障害物に当たると方向転換するバージョンとがありました。
このモデルは前者に当たりますが、円形台車の3か所の切れ込みに、留め具を差し込む機能が省略されている為、方向選択が出来ません。

lr15101217
このモデルは、後車軸を通す穴が欠けており、前オーナーが紐で縛って固定していました!思わず、ほくそ笑みました・・。
オリジナルでは無かった乾電池部分の蓋が装着され、そこに誇らしげにLYRA社社章と製造国・ギリシャの表示があります。スイッチの位置も、オリジナルの後部から、進行方向に向かって左側に移されています。

lr15101213
見難いですが、コピーしたタイヤに「LYRA・TOYS」と、ちゃっかり表示しているのには笑ってしまいます。

lr15101220
恐らくサイレンである部品を、逆に取り付けて、フェンダー・ミラーに模していると思われます。右側が欠損していました。

MONTBLANC GS 43
ネットで拾った同型モデルの画像ですが、「POLICE」のステッカーが後部ドアに貼付されています。
然も、フェンダー上の物体が、私の所有するモデルと比して、取り付け位置が逆になっています。この場合は、サイレン4個装備という意味でしょうか?

MONTBLANC GS 022
屋根のサイレン・フェンダー・ミラーにも、バリエーションがあります。
このモデルは、屋根上に2個のお椀型サイレンを装備し、角型フェンダーミラーを付けています。

MONTBLANC GS 244
このモデルは、屋根上に小さな赤色灯が付いています。

lyra10122209
イタリア仕様・輸出モデルの"POLITIE"です。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

シトロエンGSAカラーコード②

【Blanc Meije AC 088 1971~1986】
gsac17092621

dsac10110415
gsac17010415
MAIJEはグルノーブル近郊にあるアルプス山脈の最高峰が連なる一角を指します。
その雪の色をイメージしたと思います。

gsac17092620
1980モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。
フルサイズのステンレス製・pallasグレード専用ホイルキャップは、1980モデルイヤーのみで使われました。

gsac17092602
1980モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。
フルサイズのステンレス製・pallasグレード専用ホイルキャップは、1980モデルイヤーのみで使われました。
バンパーを、ボディと同色に塗装しています。

gsac17092601
1980モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。
フルサイズのステンレス製・pallasグレード専用ホイルキャップは、1980モデルイヤーのみで使われました。

gsac17092603
1980モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。
フルサイズのステンレス製・pallasグレード専用ホイルキャップは、1980モデルイヤーのみで使われました。
バンパー下のフォグランプはオプション品で、ボディーサイドの砲弾型ウインカーは、ノンオリジナルです。

gsac17092604
gsac17092605
1982モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。
1982モデルイヤーから、リアハッチの、社名・車名・グレードを示すバッジを貼付する部分にあった、アルミの化粧板が省略され、ボディに直接取り付けられる様になりました。
ウイング状になったリアスポイラー(オプション品)に、注意して下さい。

gsac17092611
1982モデルイヤー・GSA・special(簡素仕様)・breakです。
中央部のみ、小さなメッキのキャップが付く、簡素なホイールに注意して下さい。
1982モデルイヤーから、ホイール自体が、楕円の通風孔が開いたデザインに変更となりました。

gsac17092613
1981モデルイヤー・GSA・club(標準仕様)です。
1981モデルイヤーから、club(標準仕様)・pallas(高級仕様)・X1・X3(スポーティ仕様)のホイルキャップが、画像の、Yの字を3個組み合わせた様なデザインの、ホイルキャップに変わります。
4個並んだ勇ましいフォグランプは、ノンオリジナルです。

gsac17092617
1981モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。

gsac17092615
1981モデルイヤー・GSA・X3(スポーティ仕様)です。
1983モデルイヤーから、スポーティ仕様であるGSA・X1とX3は、ボディサイドに2本の黒線ストライプが施されるようになります。
Special(簡素仕様)のみ、ボディサイドのプロテクターが黒色で、上級グレードのClub(標準仕様)・Pallas(高級仕様)・X3(スポーティ仕様)は、プロテクター中央に、アルミの化粧板が貼付されています。
X3では、内部から調節可能な大型ドアミラー・バンパー下のフォグランプが標準装備でした。

gsac17092606
1982モデルイヤー・GSA・X3(スポーティ仕様)です。
1981モデルイヤーから、club(標準仕様)・pallas(高級仕様)・X1・X3(スポーティ仕様)には、Yの字を3個組み合わせた様なデザインのホイルキャップが採用されます。
1983モデルイヤーから、スポーティ仕様であるGSA・X1・X3は、ボディサイドに2本の黒線ストライプが施され、ボディサイドのプロテクターに貼付されるアルミ化粧板が、黒っぽくなりますので、この個体が本当に1982モデルイヤーならば、描かれている2本線ストライプはノンオリジナル、という事になります。

gsac17092619
1982モデルイヤー・GSA・special(簡素仕様)です。
サイドプロテクターの無い、ボディパネル・中央部のみ小さなメッキのキャップが付く、簡素なホイール・楕円形の簡素型ドアミラー、に注意して下さい。
1982モデルイヤーから、ホイール自体が、楕円の通風孔が開いたデザインに変更となりました。

gsac17092607
gsac17092608
1983モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)です。
サンルーフは、オプション品です。

gsac17092609
gsac17062914
1983モデルイヤー・GSA・pallas(高級仕様)・C-matic(電磁クラッチ)です。
オーナーの好みで、初期型GS・pallas専用ホイルキャップを装着しています。

gsac17092612
1983モデルイヤー・GSA・special(簡素仕様)です。
ワイパーアームを、メッキ品に交換しています。
楕円の簡易型ドアミラーに、注意して下さい。
左側フロントフェンダー最前部に、ストライプのラインが見えますが、ノンオリジナルです。

gsac17092616
1983モデルイヤー・GSA・special(簡素仕様)です。
1982モデルイヤーから、リアハッチの、社名・車名・グレードを示すバッジを貼付する部分にあった、アルミの化粧板が省略され、ボディに直接取り付けられる様になりました。
オプション品の、リアワイパーを取り付けています。

gsac17092618
1984モデルイヤー・GSA・special(簡素仕様)です。
アルミ縁取りのない、フロントグリル・黒枠のウインカーレンズに注意して下さい。

gsac17092610
1985モデルイヤー・GSA・special(簡素仕様)です。
フロントグリルは、後期型GS用を、ホイールは、1980~1981モデルイヤー・GSA用を、取り付けています。
ドアミラーは、内部から調整可能な高級グレード(オプション品)です。

gsac14051828
1981~1985モデルイヤー・GSA・club(標準仕様)・breakです。
1981モデルイヤーから、club(標準仕様)・pallas(高級仕様)・X1・X3(スポーティ仕様)のホイルキャップが、画像の、Yの字を3個組み合わせた様なデザインの、ホイルキャップに変わります。
メッキで縁取りされたフロントグリルに注意して下さい。
運転席側のドアミラーを、GS用の物に付け替えています。

【Jaune Mimosa AC 333 1979~1980】
gsac17092209

gsac11053015
オジギソウ(お辞儀草・学名:Mimosa pudica)は、ネムノキ科の植物の一種です。別名「ネムリグサ」(眠り草)・「ミモザ」といいます。

Jaune Mimosa AC 333を身に纏った、シトロエンGSA画像が見つからなかった為、他車種画像を掲載致します。☟

gsac17092622
gsac17092627
gsac17092624
2CV

gsac17092628
Dyane

gsac17092626
Visa

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : CITROEN GSA シトロエン

指原莉乃関連情報

《とある架空小説》

jn17112401
~宮崎駅~

《高速バス・スーパーフェニックス・西鉄天神高速BT行》を待つ、地頭江音々(じとうえ・ねね)を見送りに、多くの友人達が集まっていた。

「音々ちゃん!博多に行っても、頑張って!私達、ずっと友達だよ!」
「音々~!手紙書くから!」

jn17112402
地頭江音々】は、HKT4期・研究生に合格し、今日、故郷の宮崎から博多に転居する予定だ。
普段はクールな音々であるが、多くの友人達が見送りに集った、この時ばかりは、頬を涙が伝った。

バスが出発し、友人達は、小さくなっていくバスに、いつまでも手を振る。
音々も、友人達の姿が見えなくなるまで、手を振り続けた・・・。

「ふ・・・。博多か・・・。」
音々はそっと呟き、目を瞑るのだった。

~博多駅~

HKT4期・研究生として合格した、運上弘菜(うんじょう・ひろな)と松本日向(まつもと・ひなた)は、音々の到着を待っていた。

運上「音々ちゃん、遅いね・・・。」
松本「もう宮崎からのバスには乗ったって、さっきLINEが来てたんやけどな・・・。」

音々はオーディションの過程で、福岡県外出身者の運上・松本とは、すっかり心を通わせていた。
とても強いシンパシーを、共有し合ったのだ。

uh17112401
運上弘菜
北海道の寂れた漁村、小平から大志を抱き、HKTオーディションを受け加入した。
北海道と博多・・・。それこそ、北半球と南半球の違いくらいある。
弘菜は、腕ひとつで勝負をするため、単身博多にやってきた。

mh17112401
松本日向
大阪は西成、あいりん地区、言わずと知れた国内最悪のスラム街。
彼女は此処で、逞しく育った。
「生き残る為には、手段を選ぶな。」
敏腕の手配師だった、父親の言葉である。
日向は、自身の若さと美貌を武器に、オーディションを通過し、HKTに加入した。

mh17112402
松本「しかし音々、ほんまに、来るんかいな?」
運上「・・・・・・。」

uh18010708
二人はもう既に1時間近く、音々の到着を待っていたのだが、結局、音々は姿を現さなかった。
やがて、日向と弘菜の目の前に、一台のワンボックスカーが停まった。

中からチンピラ風の男が降り、バン!と、激しい音を立ててドアを閉めて、二人に近づき、「HKTのスタッフ」と名乗って、運上と松本をワンボックスカーに押し込む。

uh18010707
スタッフ「さあ、さっさと乗った!これから、アンタ達が住む、寮に行くわよ。」
スタッフは、見た目こそ、九州やくざのチンピラ風だが、言葉遣いは、完全にオネエであった。

mh17112404
日向「あの・・・、音々は・・・?」
スタッフ「ああ、音々ちゃん?ちょっと渋滞に巻き込まれて、遅くなるって言ってたわよ。」

uh18010706
弘菜(渋滞?さっきのLINEだと、『後、もう少しで着く。』って言ってたのに?)

スタッフ「さあ、もう少しで寮に着くわよ!」

jn17112404
一方、地頭江は・・・。

運上と松本が博多駅に着いた、時を同じくして、音々も博多に到着していたのだが、バスを降りた瞬間 、音々は、大柄な女に声をかけられた。

ms17112401
大柄な女「音々・・・。」

音々は、女の顔を確認した。
音々「“さくら”さん、お久しぶりですね・・・。お元気そうで。」

さくら「ああ。このとおりだ。音々の今回のHKT正式加入、実に嬉しい限りだ。」
音々「何を仰いますか。」
さくら「フッ・・・。ところで、音々・・。博多に到着早々、早速で悪いんだが、一仕事して欲しい・・・。」
音々「・・・・。」
音々は、バスの長時間の旅で疲れた表情を、露わにした。

さくら「はははっ!そんな顔、すんなや。」
音々「・・・・。」
さくら「これから向かうぞ・・・、秋葉原に!」
音々「ふ・・・、そんなトコだと、思ってましたよ。また、やるんでしょう?高レートの麻雀・・・。」

博多に到着早々、音々は“さくら”に連れられ、福岡空港で、スカイマークの羽田空港行きに搭乗する。

ms17112403
“さくら”こと、【宮脇咲良】(みやわき・さくら)。
薩摩出身のこの大柄な女は、HKTのオリジナルメンバーとしてデビューし、今や、その影響力は、48グループ全体に轟いていた。
“さくら”には、壮大な野望があった。

さくら「今夜の相手だが・・・。ん、音々?」
音々は、移動の疲れか、すっかり熟睡していた。

さくら(・・・、なんて可愛い寝顔なんだよ。寝顔だけ見りゃ、未だ、あどけない少女。それが勝負事となりゃ、豹変しちまうんだからよ・・・。)

“さくら”は、
ずっと音々の可愛らしい寝顔に、見とれた儘だった。

音々達は、羽田空港に到着し、東京モノレール空港快速・山手線を乗り継ぎ、秋葉原へ向かう。

さくら「見ろ・・・。東京モノレールは、HKTが看板を勤めてるんだ。東京も、じきにHKTのものになっていく。」
音々「ええええ!すごいですね・・・。」

音々は、未だ寝ぼけていた。

ms17112404
さくら「しっかりしろよ、音々。ところで、今回の相手だが・・・。」
音々「ええ、未だ聞いてませんでしたね。」
音々は、思い切り、けのびをして答える。
さくら「くくく・・・。止めたわ。」
音々「は?」
さくら「着いてからの、楽しみにしよう。」
音々「・・・・。」

jn17112405
さくら「着いたぞ、音々。」

二人が到着したのは、AKB劇場の地下深くにある、秘密の賭場であった。
関係者のみが出入りできる、この賭場で、48グループにかかる重大な政事が、為されていた。
さくら「音々、今日の対戦相手だ、もう顔と名前は、知ってると思う。訳有って、娑婆に戻る事になった、大和田、そして西野だ。」

大和田・西野「どうも・・・。」
音々「・・・・・・。」

yy17112401
「全員揃った様やな、ほな、始めよか。」
奥から声がすると同時に、総監督の横山が姿を現す。

横山「この勝負、立ち合わせてもらうで。」

横山「ほんなら、ルール説明、さしてもらうわ。まあ、基本は、アリアリの25,000点持ちの、30,000返しで普通や。ただ、うちらAKBのハウスルールとして、ちと、特殊なのが、“赤”の扱いや。この牌を見て欲しいねん。」
音々「こ、これは!」
音々は、目の前に広がる真っ赤な光景に、思わず声を漏らした。

yy17112402
横山「どや?ええやろ?AKB48に因んで、4と8の数牌が、全てドラになるんや。」
音々「通常は“赤”といえば、5の数牌ですが、そちらは?」
横山「5の“赤”は、無いで。“赤”は、マン・ピン・ソーの4と8、計24枚や。」
音々「わかりました・・・。」
横山「OK、そしたら、勝負は半荘10回、大和田・西野のAKBチームと、地頭江・宮脇のHKTチームの、総得点で上回ったほうが勝ちや!ほな、さっさと始めんかいな!」
横山の怒号と共に、戦いの火蓋が切って落とされた。

~地頭江・宮脇と大和田、西野との死闘から、早くも半年が過ぎ~

ms17112402
音々は、あの勝負の後、“さくら”とは、音信普通になっていた。
さくら(音々・・・。今頃、どうしてる?賭博で、巨万の富を築いているのか?はたまた、ギャンブルの炎に、焼かれてしまったのか?)
“さくら”はこの半年間、音々の事を考えなかった日は、無かった。

ある日のことである。
組員の冨吉から、音々の消息の手掛かりとなる情報が、入ってきたのである。

ta17112701
冨吉「奴の地元は、あっしと同じ、宮崎でしょう?地元の知り合いに、音々を見かけたって奴が、居るんですわ。」
さくら(音々・・・。地元に帰っていたのか・・・。)
さくら「で、音々は、今、何やってるんだ?」
冨吉「それが、地元の奴らが言うには、マンゴー作りに精を出してる様でして、毎日、真面目に農作業してるみたいなんですわ・・・。」
さくら「なに!あの音々が!?」
“さくら”には、信じられなかった。
さくら「冨吉・・・。今から行けるか、宮崎?」
冨吉「へい。」
“さくら”は、事の真相を確かめるため、宮崎へと向かったのだった。

jn18010501
(作者が消息不明の為、此処で中断している由。)

《とある脚本》

sr17112402
優子「くくく...。お前も、あの地球人のように、粉々にしてくれるわ。」
莉乃「里英ちゃんのことか!里英ちゃんのことかぁ!!!!!!!」
優子「くっ、くそぉぉぉぉぉ!! 当たりさえすれば....。当たりさえすれば!」
莉乃「当ててみろよ...。」
優子「くっ...。ふ、ふざけやがって!後悔しゃがれ!!!!!!」
莉乃「星は壊せても、たった一人の人間は、壊せないようだな。」
優子「きっ、貴様何者だ!!!」
莉乃「とっくに、御存知なんだろ...。私は大分からやってきたドルヲタ。穏やかな心を持ちながら、文春の記事によって目覚めた、伝説のドルヲタ・スーパードルヲタ戦士、指原莉乃だ!!!」
優子「ス、スーパードルヲタだと?穏やかな心を持ちながら、文春でか...。通りで、渡辺麻友には、なれなかったわけだ。」
莉乃「止めだ...。」
優子「”止め”とは何だ?」
莉乃「お前の人気は、落ちている...。これ以上争っても無意味だ、私は、そう思う。」
優子「ふざけるなよ!ドルヲタの分際で、偉そうに!!!」
莉乃「そのドルヲタ如きに、お前は負けたのだ。」
優子「ち、ちくしょぉ!!!!!こんなことが..、こんなことが、あってたまるか!私は優子、大島優子なんだぞ!AKBグループで1位なんだ!こんなドルヲタ女に負けてたまるか!!!」
莉乃「海外で反省してろ。」

sr17112401
秋元「指原は、優子にチャンスをあげた。己のヲタを、分けてあげたのだ。しかし優子は、その分け与えてもらったヲタ利用し、指原を攻撃した。だが...。まさか、指原が優子に勝てるとは..。のう、バブルス君?」
秋元才加「うほうほ...。」

~時は流れ~

sr17112406
優子「あれだよ!パパ、私をコケにしたドルヲタが、活動してる地域!」
中森「ほぉ...。なかなか良い劇場じゃないか。こんな劇場なんか、一発で壊してしまえば良かろう。」
優子「だめだよパパ!そんなんじゃ、私の気が収まらないよ。アイツが戻ってくる前に、メンバーを片付けてやるんだ!アイツの悔しい顔が、早くみたいよww。」
渡辺麻友「き、来やがった!!」
横山由依「ちょ、ちょっと待ってよ。あんた達が戦ってた相手は、こんなデタラメな”気”をしとるの?ありえへん..。」
矢吹奈子「こんなもんじゃありません。もっともっと、強くないっていきます。」
渡辺麻友「畜生!さっしーの奴、止めを刺さなかったな!」
優子「さて...、あいつが来る前に、メンバー全員を片付けておくか。」

sr17112404
中森「!!」
優子「!?誰だ貴様...?」
謎の少女「お前達を、倒しにきた。」
優子「私達を倒しに?貴様がw?」
中森「くくく...。我々の恐ろしさを知らない、田舎者め。」
謎の少女「お前たちは、私には勝てない。戦わなくても分かる。私は、指原さんのように甘くはない。」
優子「!!きっ、貴様、その姿は!」
謎の少女「指原さん、一人じゃない...。此処にも、スーパードルヲタ戦士がいた、ということだ。」
渡辺麻友「!!」
横山由依「!?」
高橋みなみ「!!」
矢吹奈子「さしこちゃんと、同じ”気”だ!さしこちゃんが、帰ってきたんだ!」
スババババババ...

sr17112405
謎の少女「ふぅ..。」
高橋みなみ「一瞬で、あの”優子”を片付けやがった...。誰なんだ?あの少女は?」
謎の少女「これから、指原莉乃さんを迎えにいきます...。良かったら、皆さんも、ついて来て下さい。」
横山由依「”さしこ”の、知り合いなのか?」
高橋みなみ「得体が知れないが、悪い奴じゃ、なさそうだ...。私はついていく。」
矢吹奈子「奈子も、ついていく!さしこちゃんのこと、知ってるみたいだし。」
渡辺麻友「く、くそ、認めんぞ。ドルヲタは、”さっしー”以外で、私と”ゆきりん”と、ここにいる奈子だけなんだ。あんな奴が、スーパードルヲタ戦士だと?ふざけやがって..。あいつの秘密を、暴いてやる。」

果たして、”謎の少女”は、一体誰なのか?

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : HKT48 AKB48 指原莉乃 矢吹奈子 運上弘菜 松本日向 地頭江音々 渡辺麻友 宮脇咲良 冨吉明日香

指原莉乃関連情報




uh18010401
uh18010402
uh18010403
uh18010601
指原莉乃さんに憧れて、遥々北海道・留萌近郊から、九州・博多にやって来た、運上弘菜さん(HKT48 Team・KⅣ)です。☝


シニアスキー1級の資格を持つ運上弘菜さんが、4年ぶりにスキー板を履いて、30度の斜面を滑降する動画ですが、流石、道産子の面目躍如たる物があります!

yn18010701
幼少期より指原莉乃さんのファンであり、小学6年生の時に、父・姉を東京に残し、母・妹と共に博多に移り住んだ経歴を持つ、矢吹奈子さん(HKT48 Team・H/AKB48 Team・B)も、雪と戯れる画像を掲載しましたが、その可憐な表情に、ファンがJRの広告にコラージュした画像を掲載し、ネットニュースで話題になっています。

yn18010702
『アイドルグループ・HKT48矢吹奈子さんが、1月4日・観光PR用のポスターを彷彿とさせる、なんとも愛くるしい“雪あそびショット”をファンに向けて公開し、その姿を見たネット上の男性ファンからは、歓喜と絶賛の声が続出しています。

yn18010703
これは同日、矢吹奈子さんが自身の公式twitterに投稿したもので、この中で彼女は、「ゆきー」と紹介しつつ、一面に降り積もった雪に寝そべったり、舞い散る雪を眺めている姿などを収めた“雪あそびショット”数点を公開しました。

yn18010704
観光PR用の公式ポスターを彷彿とさせる、その愛くるしい姿に、画像を見たネット上のファンからは、瞬く間に1万4000件を超える「いいね!」が寄せられたほか、「可愛い”なこちゃん”が、ゲレンデマジック使ったら やばすぎる位くらい、可愛くなってしまってる。」「この写真が可愛すぎて もう、たまらん。」「ええねえ、かわいい、かわいすぎる、なにこれ。ねれなくて、ツイッター見てたら、可愛すぎてねれなくなった。すきー♥」「かっ…、可愛い〜。」と、その魅力を絶賛する声が続出しました。

yn18010705
更には、JRのキャンペーンポスター風に、コラージュした画像を作成するファンまで出現するなど、大きな注目を集める事態に発展しました。

yn18010706
矢吹奈子さんといえば、昨年6月の『第9回AKB48選抜総選挙』においては、総得票数25,364票で37位と、前年の28位より大きく順位を落とす結果に終わったものの、かねてより、大先輩であるメンバー・指原莉乃さんからも溺愛される程の、愛くるしい魅力で、多くの熱狂的なファンを魅了し続ける人気メンバーです。

yn18010707
yn18010708
今回の“雪あそびショット”は、そんな彼女の魅力が全開となった、ファンにとっては実に嬉しい投稿でした。』

yn18010803
yn18010804
yn18010805
yn18010801
yn18010802
矢吹奈子さんは、個人的に、生粋の”正統派・王道アイドル”である、と思います。

uh18010703
uh18010704
uh18010702
uh18010701
実は、同様のコラージュは、運上弘菜さんのファンが作成したのが最初でした。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : AKB48 HKT48 指原莉乃 運上弘菜 荒巻美咲 地頭江音々 松本日向 宮脇咲良 矢吹奈子

Beatles楽曲の編曲

僭越至極にございますが、自作曲公開の手始めとして、Beatlesの楽曲をアレンジして歌いましたので、お耳汚しではございますが、少しでも耳を傾けて頂ければ幸甚です。☟











(この記事は、2018年1月4日まで、先頭にあります。)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : Beatles

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
JAZZ PIANOの集団演奏活動を、目論んでいます。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCuebaseで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード