FC2ブログ

セッション・ライブ

cp18061601
小職が師事している、オゾネ・ミュージック・スクールの上田成子(うえだ・しげこ)先生が主催する、ライブ&セッションが、「カフェ・プレジドン」で、定期的に開催されています。

cp18061602
原則として、2ndステージが、セッション・ステージとなっています。

js19020901
マスターが、小職を「セッション・ドラマー」として紹介して下さり、画像を加えて下さいました!
光栄至極に存じます。

これは、5拍子で演奏した”Autumn Leaves”の、ダイジェスト映像ですが、選りによって、この日、小職が一番出来が悪かった演奏を、マスターが「5拍子だから、珍しくて。」との判断で、動画撮影していました。
噴飯物で、赤面する事しきりですが、小職の演奏に関して、御笑覧頂ければ幸甚です。

js18110102
雨が、そぼ降る4月14日は、昼・夜6ステージで、ドラムを叩かさせて頂きました。
ベースの真木さんから、「ドラム、更に上手くなってますね。練習しているんですか?」と言われ、お客様から、「今日は楽しかった!ドラム、上手になってるのと違う?」とお声掛け頂き、恐縮でした。
夜の部で、珍しくドラマーがセッションで参加しましたので、2ndステージと3rdステージの半分を、その方に譲りました。
爾後、マスターから、「(小職の演奏は)やっぱり、ちゃいますね~。全然違います。」とお褒めの言葉を頂戴し、嬉しゅうございました。
最後のメンバー紹介時、小職のところで、上田先生から「ありがとう。」の言葉を賜り、大変感慨深かったです。

js18110103

js18110105

js18110104

js18110101

cp18061603
次回は、4/25(昼・夜)に、ドラムでの参加を予定しています。

cp18061604
少しでも興味を持って頂けた皆様に於かれましては、万障お繰り合わせの上、お越し頂ければ幸甚です!

ライブ&セッション予定》
4月25日(木) 13:30~16:30  18:30~21:30
5月12日(日) 13:30~16:30  18:30~21:30
5月23日(木) 13:30~16:30  18:30~21:30
6月16日(日) 13:30~16:30  18:30~21:30
6月27日(木) 18:30~21:30
7月 7日(日) 13:30~16:30  18:30~21:30
7月26日(金) 13:30~16:30  18:30~21:30
8月11日(日) 13:30~16:30  18:30~21:30
8月31日(土) 13:30~16:30  18:30~21:30
【昼】
セッション参加者は、上田先生に¥1,500-渡して下さい。
セッション・タイムは、2ndステージのみです!

最低、1ドリンク(例・コーヒー¥500-)のオーダー願います。


cp18061606
【夜】
チャージ料・¥1,500-が掛かります。
セッション・タイムは、2ndステージのみです!

最低、1ドリンク(例・コーヒー¥500-)のオーダー願います。


御食事も出来ます!美味です!☟
cp18070502
cp18070503
cp18070501

新たなカフェ・プレジドン名物、丸々と膨らんだナン、”ナンチャッテ”試作品です!☟
nan18081201
nan18081202

nan18081203
内部は空洞ですので、お好みの食べ物を入れて戴くのも良し、千切るのも良し。
ぜひ一度、御賞味下さい!


伝承の炭火焙煎豆を、使用しています!
cp18061605
ハンドドリップで淹れた、本物の珈琲を、お楽しみください!

cp18070601
お昼時、珈琲2杯目以降は、半額になります!!☟

cp18061607

一般社団法人 カフェプレジドン
〒651-0095 神戸市中央区旭通1丁目1-1
サンピア204-3
Tel&fax: (078) 855-4124
Email:info@cafepresident.com

cp18071201
カフェ・プレジドン地図(この文字列を、クリックして下さい!)

《ミュージシャン・プロフィール》

su18061601
上田成子(うえだ・しげこ) Pf


根っからの”神戸っこ”。
6歳より、クラシックピアノを始める。
神戸薬科大学在学中に、地元の劇団「四紀会」に入団。
ライフワークである、「ドラマ音楽の作曲」を始める。
薬科大学卒業後、薬剤師、臨床検査技師として仕事する傍ら、 小曽根ミュージック・スクールへ入門し、JAZZに目覚める。
数年後、同スクールで講師活動を開始 。
北野タダオ、小曽根真、(故)村上由美子各氏に師事した後、渡米、 ボストンのバークリー音楽大学JAZZ・COMPOSITION科で学び、 そのアレンジは、教授陣の高い評価を受ける。
バークリー音楽大学を卒業後、再度、小曽根ミュージック・スクールで、後進の指導に当たる。
同時に、ライブ活動も、積極的に展開中。
日本と世界の民謡・フォークソング・ミュージカル・クラシック に至るまで、ジャンルを越えてJAZZ的アレンジを試み、特に「津軽じょんがら」・「木曽節」等は、聴く人の心に響く”味わい”となっている。

tm18061601
真木 毅(まき・つよし) Bs

高校の頃よりエレキベースを始めロックに没頭する。
2002年、'甲陽音楽学院に入学と同時に、コントラバスを、村松泰治(むらまつ・やすはる)、上山崎初美(かみやまざき・はつみ)、両氏に、エレキベースを、福栄浩之(ふくえい・ひろゆき)氏に、其々師事し、ジャズに目覚める。
在学中より、京阪神のライブハウス・ ホテル・ バー・ レストラン・ イベント等で、演奏活動を始め、現在に至る。

〔この記事は、8月31日まで先頭にあります。〕
スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ピアノ ドラム ライブ ジャズ jazz

良く聴いた音楽

ライル・メイズ

【Fictionary】
lm19012503
ライル・メイズは、パット・メセニー・グループのキーボーディストで、1992年4月23日ニューヨーク・パワーステーションで録音された、ラリー・メイズ3作目のソロアルバムは、ピアノ・トリオでした。

メンバーはライル・メイズ(p)、マーク・ジョンソン(b)、ジャック・ディジョネット(ds)で、日頃からソロ・アルバム製作を推奨しているのでしょう、プロデューサーはパット・メセニーです。

このアルバムはたった1日で録音完了し、ミックス・ダウンもその年12月にたった1日で完了したと聞きます。充分に構想が練られていたのか、はたまた、閃いた時の情熱で一気に完成させてしまったのか分かりませんが、驚異的です。

ジャック・ディジョネットがドラムという事で、どうしてもキース・ジャレットのトリオ”スタンダーズ”と比較してしまうのですが、ソロの展開や構築法等の違いもさることながら、ライル・メイズの演奏スタイルには、キース・ジャレットのような厳しさが無い半面、母なる大自然に似た包容力のある優しさを感じます。とは言うものの、共通するフレーズを発見したりすることもありました。

1曲目のビル・エバンスをトリビュートした”BILL・EVANS”では、確かにライル・メイズ風解釈のビル・エバンスサウンドが聴けました。
ビル・エバンスに一時熱狂した私には、”つかみ”で、まんまとライル・メイズの術中にハマったのでした。


その”BILL・EVANS”を、お聴き下さい。☝

【Solo: Improvisations for Expanded Piano】
lm19012504
パット・メセニー、スティーブ・ロドビーがプロデュースした、2000年発売のライルメイズ4作目のソロアルバムです。

ライル・メイズ本人が「MIDIピアノとは、アコースティック・ピアノのことだ。」と語っているように、使用されたのはヤマハの"Piano Disklavier"(ピアノ・プレーヤー)で、2曲(2と10)を除き即興演奏した内容をコンピュータに取り込み、音を重ねてたりサウンド・エフェクトで音色を変えたりした後で、シンセサイザーで演奏を再現したのだそうです。

私が愛聴するキース・ジャレットのピアノソロ等とは一味違った、どちらかと言うとポール・ブレイやジョージ・ウインストンに近い、ライル・メイズ独自のパフォーマンスがあります。

それにしても、1年前に発売されたパット・メセニーのサウンドトラック盤「マップ・オブ・ザ・ワールド」のジャケットと、あまりにも似通っているのは偶然でしょうか?


アルバム中の1曲、”Count The Ways”を、お聴き下さい。☝

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : ライル・メイズ パット・メセニー

セッションライブ

js18110102
2月1日は、寒い日でした。
昼夜・合計6ステージで、ドラムを叩かせて頂きました。
昼は、ヴォーカル・セッションで歌伴を2曲致しました。
女性ヴォーカルの方は、趣味で絵も描かれており、上田先生と真木さんを、上手に描いて頂きましたが、残念ながら小職は、死角に居た為、カットされました・・・。
小職のリクエスト、「いそしぎ」「But Not For Me」「あなたと夜と音楽と」が、採用されました!

js18110103
2月10日も、寒い日となりました。
昼の3ステージ(Vocal歌伴2曲含む)・夜の2ステージで、ドラムを叩かせて頂きました。
お客様から、「本当に楽しそうにドラムを叩いているので、こっちまで楽しくなります!ドラム、どんどん上手くなってますね!」と、お褒め頂き、心から嬉しくなりました。
片や、ベースの真木さんから、「テンポやリズムが変わったりする場面で、恐らくペダルの加減だと思いますが、突っ込み気味になるので注意して下さい。僕が視線を送ってますから、見る様にして下さい。」と言われて、プロの耳の鋭さに、感嘆致しました。

js18110105
2月22日は、比較的暖かい日でした。
昼・夜合わせて6ステージで、ドラムを叩かせて頂きました。
終演後、上田先生から、「エンディングの”決め”で、こちらが演奏を終えたのに、後から音出すのを止めて欲しい。」と、ダメ出しがあり、「今後、迷った時は、音を出さない!」と心に決めました。
反面、お客様から、「即興演奏で、何故、あんなにピッタリ合うのか、不思議です。」と言われて、光栄でした。

js18110104
3月10日は、春の嵐が吹きすさぶ日でした。
夜の3ステージで、ドラムを叩かせて頂きました。
当日最後の1曲は、例の小職がユニゾン出来なかった「津軽じょんがら節」でしたが、上手く誤魔化して演奏出来、マスターから大きな拍手と称賛の言葉を頂きました。
お客様からも、「ドラムは毎日叩いてるんですか?すごいですね。」と褒められ、嬉しゅうございました。

js18110101
年度末の3月31日、寒の戻りで肌寒い1日でしたが、昼・夜6ステージで、ドラムを叩かせて頂きました。
「Mile Stone」を早いテンポで演奏したのですが、最初、シンバル・レガートを多用したところ、「少し五月蠅いかな。」と指摘を受けたので、再演時に、スネア・ドラムを用いたブラシ・ワーク中心で演奏しました。
爾後、感想を求めると、「転調する部分では、優しく叩いて。」と言われました。
少しづつ三位一体の演奏に近づきつつある、と感じていましたが、即興演奏の奥深さを痛感致しました。

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

神戸の憧憬

神戸タワー

kt17122405
竣工間もない神戸タワーの、晴れがましい姿です。
『高さ90m・海抜100mで東洋一』と称されましたが、最新の調査で、「高さ57m・海抜70m」であると判明した由。

kt17122409
黄色丸印:神戸タワー竣工後間もなく、神戸タワーの南側に建っていた広告塔です。

kt17122801
広告塔(赤色・楕円)は、2本建っていた時期がありました。

kt17122902
昭和40年代に、”三角公園”と呼ばれた、新開地操車場があった付近から、撮影された画像です。
高層ビル・マンションが建ち並ぶ以前は、見上げる威容があり、貫禄十分でした。

kt17122802
kt19020401
昭和30年代撮影の神戸タワーですが、「ビオフェルミン」の広告が撤去されると、忽ち、裏寂れた印象となるのが不思議です。

kt17122401
解体直前、昭和43(1968)年、9月撮影の画像です。
洗濯物や自家用車等、神戸タワー基部のビルで生活している人々の、日常が窺えます。
居住者との立ち退き交渉は、困難を極めた由。

kt17122803
解体工事中の画像です。
付近一帯の再開発も、同時進行し、地下駐車場が建設されました。

kt17122407
これは昭和31(1956)年撮影という、神戸タワー南側の公園にあった、ブランコ(上掲画像の左下に、一部が写っています。)で遊ぶ少女の画像です。
神戸タワーに取り付けられた、最後の広告となった「ビオフェルミン」ですが、『1940年頃から1950年代まで、存在した。』というネットで得た情報を信ずるならば、撤去工事の足場が残っている状態と思われ、従って、「ビオフェルミン」の広告は、1940年頃から昭和31(1956)年まで存在した、と推測されます。

kd17122801
1958年5月5日、再度山から撮影した画像です。
当時、神戸タワー(赤色楕円)が”ランドマーク”であった事が、良く分かります。

kt19020401
黄色楕円のドーム状の建物(黄色楕円)は、大正11年、兵庫区荒田町に新築された「神戸取引所」(コメ・公債株式の取引所)です。

kt19020402
その後「神戸少年鑑別所」となり、老朽化の為、解体されました。

kt17122904
竣工当時(昭和31年)の、神戸新聞会館より、西方向を眺めた画像です。
遥かに忽然と建つ、神戸のランドマーク「神戸タワー」(赤色楕円)が望めます。

聚楽館

kd17122803
南側から眺めた、大正時代の新開地本通りです。
遠景、シルクハットを被ったような塔の、更に奥に、初代「聚楽館」が望見出来ます。

kd17122802
初代「聚楽館」です。

kt17122403
恐らく戦前撮影の、「神戸タワー」から、南東方面を望見した画像です。
赤色楕円:北側から見た「聚楽館」です。
聚楽館」左手から、斜めに伸びる道が「湊川新開地本通り」です。
黄色楕円:戦前は、この位置に建っていた、「グリコ広告塔」です。
緑色楕円:「ガントリー・クレーン」です。
空色楕円:「神戸松竹座」です。

kt17122404
昭和21年撮影の、「神戸タワー」から、南東方面を望見した画像です。
赤色楕円:北側から見た「聚楽館」です。
「聚楽館」左手から、斜めに伸びる道が「湊川新開地本通り」です。
緑色楕円:「ガントリー・クレーン」です。
画像下部、右手前の煙突周囲は、焼け落ちた「中央劇場」の屋上です。
黄色楕円:神戸タワー竣工当時から、神戸タワーの南側に建っていた広告塔です。
       戦前の画像では、「湊川温泉入場料」の広告が掲げられています。
空色楕円:「神戸松竹座」で、前面広場に人が集まっています。
進駐軍関係者が持ち込んだ、色持ちの良い”コダクローム”の画像でしょうか、湊川新開地の名所が、全て網羅された一葉であり、感慨を新たに致します。

kd17122805
南側から眺めた、戦後間もなくの新開地本通りです。
ガラスが割れ、荒廃した聚楽館が、当時の世相を表しています。

kd17122804
昭和12年撮影の「聚楽館」で、昭和9年から、「アイス・スケート場」としても営業していました。
新開地本通りから、「聚楽館」の南側を眺めています。

sr17122901
昭和25(1950)年撮影の、聚楽館前の様子です。

sr17122903
昭和30(1955)年撮影の、聚楽館内アイス・スケート・リンクの画像です。
昭和9年から営業開始したアイス・スケート・リンクは、4階にあり、400坪(約1,320㎡)の広さを有していました。
窓がコンクリートで埋められる以前ですので、昼間は自然光が、柔らかい雰囲気を提供していました。

sr17122902
昭和33(1958)年撮影の、聚楽館前の夜景です。
新開地本通りのアーケードが、新しく架け替えられ、明かりが夜の街を照らしています。

kd17122810
昭和36年撮影の、「松竹映画」のネオンサインが誇らしげな、「聚楽館」。
各画像の撮影時期を鑑みると、昭和34年~35年にかけて、窓ガラスをコンクリートで覆う工事を施したと推察できます。
僅か3年で、アーケードが、どす黒く汚れ、一部が破損したままで、この時点で、何やら裏寂れた風情が漂っています・・。

《ガントリー・クレーン》

gk17122801
神戸造船業の象徴でもあった、「川崎重工・ガントリー・クレーン」は、老朽化と造船規模の拡大と造船技術の進歩により、昭和37(1962)年に解体されました。

gk17122901
高さ約50m・長さ約303mの威容を誇り、神戸市内の何処からでも見え、神戸タワーと共に、永らく神戸のランドマークでした。
昭和25(1950)年に、戦後初の輸出船が、此処で建造されました。

gk17123101
これは、昭和22(1947)年、ガントリー・クレーン横の神戸三菱造船所に於ける、青函連絡船「洞爺丸」の進水式画像です。
左手に、ガントリー・クレーンが写っています。
「洞爺丸」は、この7年後の昭和29(1954)年に遭難事故に遭い、人々の記憶に残る事になります。


(写真権利者の皆様へ。拝借・掲載させて頂きました。誠に申し訳ございませんでした。
クレーム等ございましたら、コメントにて御願い申し上げます。迅速に対処致します。)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : 聚楽館 神戸タワー 新開地 湊川 神戸松竹座 ガントリークレーン

ユニクロCM


小職が24年間所有した【1973モデルイヤー・シトロエンDS23IE・pallas】が、昨年、コーセー化粧品のCMに出演して、北川景子さんと共演したのに続き、今度は、ユニクロのジーンズのCMに登場し、新木優子さんと共演致しました!
(この記事は、4月11日まで、2番目にあります。)

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

tag : シトロエン CITROEN DS ユニクロ

プロフィール

ecocitro

Author:ecocitro
妻・娘・息子との四人暮らしです。
【シトロエン】
《1975 GS1220 club》
亡父が1975年に新車で購入し、ブログ著者に名義変更して現有。
《1973 DS23IE pallas》
1992~2016 24年間所有。
《1972 SM2.7》
2002~2007 5年間所有。
【楽器演奏活動】
《集団演奏》
セッションライブに、ドラマーとして参加しています。
《鍵盤/打楽器》
幼少時にクラシック・ピアノを習得。
学生時代の4年間は、ジャズ・ドラムの個人レッスンを受講。
社会人になってから、ジャズ・ピアノ教室で、3人の講師に師事。
現在、ヤマハ・ミュージックスクールと、オゾネ・ミュージックスクールで、DAWとJAZZ・PIANOを習得中。
【作詞/作曲/編曲】
自作曲をCUBASEで完成させる傍ら、それをネットで公開して、評価を仰ぐ事に注力します。
【ミニカー蒐集】
シトロエンGS/AとシトロエンSMモデル以外を、2017年1月に売却。
【運動】
サッカー・水泳・野球等、色々経験した結果、最も肌に合って楽しいスポーツは、バスケットボールでした。
【鉄道趣味】
山陽・阪急・阪神・神戸電鉄・神戸市電・姫路モノレール・地方ローカル鉄道・軽便鉄道が好きです。
【ミリタリー】
戦史・戦記・飛行機・船舶・兵器・空戦・海戦・軍人について、特に造詣を深めています。
【アイドル】
偶然、「初の選抜総選挙1位戴冠」をテレビ視聴していた事から、指原莉乃さんの在宅・ライトファンとなりました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
FC2アフィリエイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード